京つう

  日記/くらし/一般  |  滋賀県

新規登録ログインヘルプ



CATEGORY:森下仁丹看板

2006年06月24日

御霊図子通新烏丸東入









































森下仁丹の町名表示板で、レアな通の看板を見つけました。

現在、ここは中京区で、その理由は前に上げた記事のとおりです。
「御霊図子通」と「新烏丸通」の四つ角です。    
御霊図子通と書いて、「ごりょうのずしどおり」と読みます。

「図子」は「辻子」とも書き、細い小さな通を表し、膏薬図子や了頓図子など、
京都市内の上中下の三区には、まだまだ沢山の図子が残っています。

この御霊図子通は、丸太町通と竹屋町通の間。
寺町通から土手町通までの僅か250mほどの短い通りで、下御霊神社の南側を抜けています。
御霊さんのそばを抜ける細道なので、御霊図子なんですね。

新烏丸通は、新と付くから新しい通りと思いきや、造られたのは江戸時代。
宝永5(1708)年に、市街のほとんどを焼失する大火が起きた。
そのあと、御所の周りの街路も合わせて整備を行ったが、
その時、立ち退きをさせた人たちの為に市街地を新しく造ったのです。

御所に面した烏丸通沿いから移った人たちが住んだ通りで、「新烏丸通」というわけです。
新烏丸通の一筋東の通りは「新椹木町通」
これも、丸太町の一本北の通・椹木町通からの移動組みです。
さらに、川東(二条・三条・川端・東山に囲まれたエリア)には、
新の付く通りが9本。
丸太町・麩屋町・富小路・柳馬場・堺町・高倉・間之町・東洞院・車屋町とまあ、
確かに御所の周りの通り名が、ズラズラとありますね。

おまけですが、西寺町通というのもありますね。
東なのに、西とはこれ如何に??
























御霊図子通から西を見る。
右手の漆喰壁が下御霊神社の裏で、手前を横切るのが新烏丸通。
前方のドンツキが寺町通になります。


同じカテゴリー(森下仁丹看板)の記事画像
平成の復活・仁丹町名表示板 「船鉾町」を発見
船はし屋さんで、仁丹町名表示板!
京都まち歩きマップ
復活仁丹町名表示板・第一号 京都市役所に設置!
京都仁丹樂會ミーティング・仁丹木製表示板「本町十七丁目」
「京都町名琺瑯看板プロジェクト」始動
同じカテゴリー(森下仁丹看板)の記事
 平成の復活・仁丹町名表示板 「船鉾町」を発見 (2011-03-14 22:19)
 船はし屋さんで、仁丹町名表示板! (2011-02-16 22:34)
 京都まち歩きマップ (2011-02-11 12:00)
 復活仁丹町名表示板・第一号 京都市役所に設置! (2011-02-10 22:08)
 京都仁丹樂會ミーティング・仁丹木製表示板「本町十七丁目」 (2011-01-18 22:56)
 「京都町名琺瑯看板プロジェクト」始動 (2010-12-21 22:13)

Posted by ずんずん  at 21:07 │Comments(0)森下仁丹看板

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。