京つう

  日記/くらし/一般  |  滋賀県

新規登録ログインヘルプ



CATEGORY:祇園祭2010

2010年07月09日

祇園祭2010・大船鉾 二階囃子

大船鉾の二階囃子。

新町通綾小路上ルの矢尾定さん二階です。



お囃子20分に10分休憩を3セット、約一時間半程でした。






同じカテゴリー(祇園祭2010)の記事画像
祇園祭2010・神幸祭 神輿渡御
祇園祭2010・神幸祭 久世駒形稚児
祇園祭2010・豊園御真榊建て
祇園祭2010・弓矢町武具飾り
祇園祭2010・宵々山
祇園祭2010・御手洗井 井戸開き
同じカテゴリー(祇園祭2010)の記事
 祇園祭2010・神幸祭 神輿渡御 (2010-07-24 10:33)
 祇園祭2010・神幸祭 久世駒形稚児 (2010-07-23 22:00)
 祇園祭2010・豊園御真榊建て (2010-07-23 13:04)
 祇園祭2010・弓矢町武具飾り (2010-07-16 22:11)
 祇園祭2010・宵々山 (2010-07-16 15:00)
 祇園祭2010・御手洗井 井戸開き (2010-07-16 12:00)

Posted by ずんずん  at 00:00 │Comments(2)祇園祭2010

COMMENT
ちょっと、凱旋船鉾の事でコメントを1つ。

さて、先日「矢尾定」に凱旋船鉾の掛軸がこの31日まで公開しておられる様な事が新聞に載っておりましたが、この度、2枚目の凱旋船鉾の掛軸が発見されたそうです。
それを、所有しておられる方は船鉾だと思われていたそうですが、鑑定してもらって、どうやら凱旋船鉾やと判明したそうです。
まぁ、来年からは船鉾本体の復活もあるような話ですし、久し振りに行ってみようかしらん。
山伏山の会所の仁丹看板も撮りにいかなアカンしな(笑)
Posted by でな桜 at 2010年07月09日 10:20
でな桜さん、どうもです。
仁丹看板以外の記事にコメントいただくのも新鮮ですね。

「矢尾定」さんの二階の床の間に、確かに凱旋船鉾の軸が掛かっていました。
この眼で見ました。
しかしながら、それは以前から知られている方の軸で、舳先に大金幣が付いている凱旋船鉾(南四条町)でした。
京都新聞に、新出として紹介された軸は、舳先が龍頭の凱旋船鉾(北四条町)で、鉾の周りには人が描かれていないものです。
舳先が龍頭なので、持ち主も長く船鉾町の(出陣)船鉾と勘違いされていたと思われるのです。

どちらにしても、二本とも幸野楳嶺が描いたものですが、正確にいうと「幸野梅嶺」になります。
明治5年(1872)に、雅号を梅嶺から楳嶺に改めているのです。
軸の落款は、「梅嶺」となっていましたので、明治5年以前、おそらく元治元年の鉄砲焼けで焼失する以前に描かれたものなのでしょう。
今でも、四条町の四条通よりの西側のお家の前に、『幸野楳嶺生誕地』(だったと思う)の碑が建っていますよ。

山伏山の会所の仁丹看板、撮りに行って下さいね。
Posted by ずんずん at 2010年07月09日 13:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。