京つう

  日記/くらし/一般  |  滋賀県

新規登録ログインヘルプ



CATEGORY:近江・坂本・延暦寺

2008年01月02日

比叡山延暦寺・修正会(しゅしょうえ)鬼追式

2008年元旦。風強し、されど晴天なり。

ごっつう冷え込みましたが、素晴らしいお天気で2008年が明けましたね。

本年も宜しくお願い致します。


大晦日の深夜から、延暦寺の鬼追式で有難い「デコペッタン」を頂いて参りました。

正しくは、牛王宝印(阿弥陀さんを表す梵字に祈りを込めたご朱印)。

これで、この一年、無病息災・家内安全のご利益が授かります。



毎年の恒例で、息子たちがボーイスカウトの奉仕活動で、

延暦寺東塔(根本中堂周辺)の初詣雑踏整理に参加しています。

元々は、その頑張っている姿を見てやろうというのが魂胆なのです。

そのついでに、節分の行事と同じような追儺式が行われるので、

その鬼見物もしてきました。


三匹の鬼が、それぞれ人間の心の悪行を表しているのです。
・黄鬼が笑い鬼で"むさぼり"の心。
・赤鬼がおこり鬼で"怒り"の心。
・青鬼が泣き鬼で"ねたみ"の心。


そして、最後に登場する四匹目の灰色鬼が、三匹の悪行の全て備え持つ最強の鬼で、
法力を持って三匹の鬼を改心させた錫杖師と、三匹の鬼が協力し合って、
最強鬼を退治するというストーリーになっています。

セリフはほとんどなく、鳴り物は太鼓のみで調子をとり、
ちょっと壬生狂言を思い出してしまいました。





始まりは、午後11時と聞いていて、ふと時計を見ると、もう11時5分になろうとしていたその時、
根本中堂での法話が終わって、五人のお坊さんが出てきました。





事の成り行きが見渡せる壇の上に乗って、五人が整列しました。





次に一人の僧が、この場を清めるようにグルッと一周まわりました。





広場にある大きな焚き木の山に火が点けられました。










焚き木が大きな炎を上げはじめた頃、「錫杖師」が現れました。
法力を持って鬼を退治し改心させる正義の味方なのです。





さあ、次に現れたのは、心の悪行"むさぼり"の化身・笑い鬼。
太鼓の音にあわせて踊りながら、広場を一周します。


手には長い柄がついた小鼓?のようなものを振り回しています。
見物の初詣客に、うなり声を上げています。


何度かやり合があった後、錫杖師に見事打ちのめされて静かに控えてしまいます。



さあ、次は心の悪行"怒り"の化身・おこり鬼の登場です。
手には長い柄のマサカリを持ち、錫杖師とのにらみ合いが続きます。


その瞬間、錫杖師が大きくジャンプ。


大上段から振りかぶった錫杖で脳天を打ちのめされ、敢えなく降参となりました。



三番目の青鬼は、泣き鬼。動きは早いけれど、泣きじゃくってばかりで勝負にならない。





手には短い棍棒?か何かを持っている。同じく錫杖を打ち込まれて降参してしまいました。



そうして、灰色の姿、しんがりの最強鬼。
見かけは貧弱、風貌も華奢ですが、何の何のその強さは先の三匹とは段違い。


錫杖師は、ウルトラセブンのカプセル怪獣のように、
改心させた三匹の鬼を一匹ずつ戦わせますが、まったく歯が立ちません。
そこで錫杖師+鬼三匹のチーム作戦で戦うことに。。。



三匹の力を合わせて最強鬼を押さえ込んだ。




そこですかさず錫杖師が、
壬生狂言の演目"土蜘蛛"で出てくるような紙糸を繰り出して、
最強鬼を絡め取る。




動きが鈍ったところを錫杖で一喝。
さすがの三悪行の最強鬼も参った降参。




事の成り行きをすべて見ていた五僧侶の前で整列して、
一同が無事に終わったことを報告する。


これで、鬼追式は終了するのですが・・・・・次の瞬間!!!


参拝客が、その五僧侶の前に殺到するのです。



何を殺到するのかといいますと、
一番最初の画像で見ていただいたとおり、
"牛王宝印"を頂くのに並んでいるのです。
私は、茶化して「デコペッタン」などと言うてしまいましたが、
それはそれは有難い、阿弥陀如来を表す梵字に祈りを込めたご朱印なのです。



この印は、初詣の方々のおでこに、ペッタンペッタン僧侶によって押されます。
老若男女、みんなみんな同じように。

旧年一年の自分を振返って、自分を反省し、
真っ白な心持で、新しい年を無事に楽しく過ごしていける様に、お願いするのだそうです。



直接、デコに御朱印を押すのは、「ちょっと、かなんな~ぁ」と思われる方は、
幸先矢(こうせんや)に付いている絵馬を額に当てて、
その絵馬に朱印を押してもらうという方法もあります。



これで、この一年、無病息災・家内安全のご利益が授かります。


錫杖師と三匹の鬼はあの後、除夜の鐘を打ちに鐘つき堂へ行っています。

この後、根本中堂に上がらせていただき、お参りをしてきましたら、
最強鬼が改心して、根本中堂の中で牛王宝印をペッタンペッタン授けてはりました。
御朱印を押すとき、「何とかかんとか・・・ほにゃららソワカァ」と唱えてはりました。


内陣から堂内はもちろん撮影禁止で撮れませんでしたが、
それはそれは、言葉には表せないほどの空間で、仏教宇宙が集約された景色が広がっていました。
夜に見るその風景は、昼間のその比ではない素晴らしさでした。






同じカテゴリー(近江・坂本・延暦寺)の記事画像
祝部(生源寺)行丸 四百二十回忌法要
坂本総祭り 2012年5月3日
伊勢大神楽 近江・旧甲西町平松にて 2012年1月13日
坂本の地蔵盆・生御膳作りを拝見
八講堂万灯会・千体仏献灯供養に参加して
もうじき、大津・坂本の星光院の節分会
同じカテゴリー(近江・坂本・延暦寺)の記事
 祝部(生源寺)行丸 四百二十回忌法要 (2012-06-24 18:23)
 坂本総祭り 2012年5月3日 (2012-05-04 02:44)
 伊勢大神楽 近江・旧甲西町平松にて 2012年1月13日 (2012-02-26 06:56)
 坂本の地蔵盆・生御膳作りを拝見 (2010-09-04 17:55)
 八講堂万灯会・千体仏献灯供養に参加して (2010-08-16 22:09)
 もうじき、大津・坂本の星光院の節分会 (2010-01-24 12:52)

Posted by ずんずん  at 16:58 │Comments(0)近江・坂本・延暦寺

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。