京つう

  日記/くらし/一般  |  滋賀県

新規登録ログインヘルプ



CATEGORY:山王祭・日吉大社

2011年03月11日

日吉大社・山王祭2011 神輿上げ(お輿上げ)・3月6日

 
4月12・13・14・15日に最高潮を迎える湖国三大祭の一つ「日吉大社・山王祭(さんのうさい)」。

それに先立つこと40余日。

3月第一日曜、先週末の6日、"神輿上げ(おこしあげ)神事"が行われ、一ヵ月半に及ぶ山王祭がいよいよ始まった。


これは、奥宮を目前にして、最後の石段を舁き上げられる牛尾宮。



”神輿上げ(お輿上げ)”は、標高381mの八王子山山頂の直下に建つ”奥宮(おくみや)”へ、

神輿2基を奉安する神事である。

一基が八角の神輿「牛尾宮」、もう一基が「三宮宮」の神輿。

4月12日夜の”午ノ神事(うまのじんじ)”で、新たなる御神霊をみなぎらせた神輿は、再び山を下る。

それまで、神輿は山上の宮にて、時期が熟すのを静かに待つ。



八王子山山麓の仮屋前に、定刻の9時半よりも一時間ばかり早く着いてしまった。

しかし、すでに集まる人影が見える。


こちらが、牛尾宮の神輿。山王上七社の内、この一基だけが八角形をしている。
たびたびコメントをいただく八角さんは、今年の宵宮落しで、牛尾宮の”飛び”される。


対面に、こちらが三宮宮。
横に集まっているユニフォーム姿の集団は、北大津高校・野球部のメンバーである。
この神輿上げに奉仕するようになってから、実力を発揮して、甲子園への出場が決まりだした。
これも、日吉さんのご利益なのだ。




登り口には、注連縄によって結界が張られていた。





駕與丁のメンバーも次第に集まってきた。



そうしていると、東本宮の方から、新たな集団がやってきた。
やはり野球のユニフォーム姿である。
こちらは、比叡山高校野球部の面々であった。
比叡山野球部も、日吉さんのご加護の元に、甲子園出場を目指すのだ。

この強力な助っ人が加わって、二基の神輿は奥宮を目指して登ることになる。


カメラを向けられてインタビュー中。


定刻の9時半になった。


いよいよ始まる。
馬渕宮司、神職、今年の山王祭実行委員長、総奉行、役員の方々、駕與丁が勢ぞろいした。





馬渕宮司より、平成23年山王祭実行委員長へ委嘱状が渡された。

他、役員一人一人に委嘱状が渡されて後、馬渕宮司から挨拶があり、
いよいよ、今年の山王祭が始まる。





一斉に駕與丁たちが神輿に取り付いた。


神輿に白棒(いわゆる長柄)を付ける。
さらに、引っ張り上げるための縄を、神輿に取り付ける。



手馴れた手付きで、縄がさばかれてゆく。


ここ山王祭の神輿の白棒には、縄が巻かれる。

急峻な山道を舁き上がる山王祭の神輿は、独特の縄縛りが施される。
この縄の縛りを、”かえ縄”と呼ぶ。
駕與丁によって縛り方が異なり、神輿の胴から始めるものもあれば、逆に舁き棒の先から始めるものもある。
どちらにしても、かえ縄がないと、急な坂では、神輿を肩に引き付けることができないのだ。


両社の神輿とも、準備が整ったようだ。




実行委員長の拍子木の合図で、一気に牛尾宮の神輿が動き出した。
この拍子木は、お山の神様に、これから結界を割って山に入ることを告げる挨拶となる。
今年は、牛尾宮のみでしか行われなかったが、本来は三宮宮の神輿が動く前にも、拍子木は打ち鳴らされる。


実行委員長と総奉行(昨年の実行委員長)が並んで、扇で神輿を招く。

急な山坂を、牛尾宮の神輿が登りはじめた。
さあここから一時間ばかり、何度か休憩を入れながら山上の奥宮を目指す。
拝殿に奉安するまでは、もう途中に平坦な場所はない。





さあ、次は三宮宮の神輿である。

手際よく伸ばされた縄に、比叡山高校野球部員のみんなが付いた。



この急坂である。

京都の神輿の様に、長い長柄を付けていると、逆に邪魔で舁くことができない。

黒棒のみで舁くことが多い山王祭では、白棒にはあまり装飾は施されていない。

美しく輝く神輿と、実用本位の舁き棒のコントラストが、山王神輿の真髄を見ることができる。

叡山を越えて入洛していた強訴全盛の時代を彷彿とさせる。


急坂であるが故に、幾重にも九十九折れの山道が続く。

このシーンを見てもわかるように、京都の神輿に付く長い長柄は、

平坦な土地である都の神輿であるが故に、発達した形であることがわかる。

都大路で威力を発揮する13~15mの長柄は、坂本では無用の長物となる。

ここで、一旦小休止。恒例のみかんを頬張って、英気を養う。



さあ、大岩のところまで登ってきた。

牛尾宮の後ろに、三宮の神輿ががっちり付いて来ている。

ここで二度目の休憩。あと一折れすると奥宮が見えてくる。



先行して、奥宮まで登ってきた。

先方に見える懸崖造りが社殿で、左側が三宮宮、右側が牛尾宮となる。


奥宮のすぐ下まで登ってきた。

北大津高校の強力な牽引部隊は、さすがに、まったくの疲れを見せていない。



ここで、二社の神輿は白棒を取り外す。

最後の参道が、急な石段になっているのに加えて、狭くて約100度位の曲がりになっている。

12日夜の午ノ神事では、桟敷といって、参道を広げるように足場が組まれる。

しかし、この神輿上げでは、まだ桟敷組みが行われていない。

白棒を付けたままでは、狭い参道から駕與丁は食み出てしまう。

黒棒のみにした神輿を、駕與丁の肩と、縄で引き上げる野球部、

そして後から竹棒で押し上げる力が一丸となって、無事に宮に奉安することができるのだ。


いよいよ、最後の正念場である。

分解写真を見るように、眺めて欲しい。






無事に牛尾宮の神輿が奉安された。

正面には、金大巌がそびえている。




牛尾宮の八角神輿に続いて、三宮宮の神輿が舁き上げられる。

続いては、動画でその臨場感を味わってほしい。




無事に、三宮宮の神輿も奉安することができた。

駕與丁たちの顔に、安堵の色が見える。


薄暗い拝殿の中で、神輿の輝きが際立つ。



振り返ると、向い側の牛尾宮拝殿の窓から、牛尾宮の神輿が見える。



拝殿内では、実行委員長がケーブルテレビのインタビューを受けておられた。



無事に奉安したことを神様にお知らせする、神事が執り行われていた。


拝殿の中央に神輿を安置していないのは、

3月15日に牛神楽祭が執り行われるからで、その時に神楽が舞われる。

その場所を作るための用意なのだ。



これは、幸運にも見せていただくことができた、牛尾宮の下殿の跡である。

下殿とは、明治以前の神仏習合時代に、本地である仏像が祀られていた部屋である。

垂迹である神様が祀られている内陣の真下に位置している。

奥の小部屋の右に曲がった奥に仏様がおられたという。



三宮宮でも、神事が執り行われていた。



先ほどまでの賑わいはどこへやら。

皆は、下山して、仮屋前での接待に舌鼓を打っているはずである。

おにぎりが1000個に、粕汁・漬物などなど、用意されたようだ。


さあ、私たちも急ごう。おにぎりが無くならないうちに下山しなければ。



神輿上げは、人力オンリーで山に神輿を舁いて上げて、そしてまた山から下りて来る。

太平洋戦争後、山上の奥宮までの神輿上げは、しばらく中断していたらしい。

しかし、昭和48年に新しい神輿を造営したのを機に、古式の姿が復活して現在まで続けられている。

『日吉山王祭』の著者・山口氏に伺ったところ、中断していた当時は、

八王子山奥宮への参道の途中、申の馬場(さるのばんば)という場所に、二基の神輿が奉安され、

そこから山を下って”午ノ神事”を行っていたという。

山口氏が曰く、山の中に、ぽつんと二基の神輿が寂しそうだった、そうだ。





同じカテゴリー(山王祭・日吉大社)の記事画像
日吉大社・山王祭2012/松明造り・鈴縄巻き・神輿上げ
『日吉山王祭』 山口幸次氏が2011年・写真展開催!
日吉大社・山王祭2011 大松明(鼻松明)造り
日吉大社・山王祭2011 桟敷組 3月20日
日吉大社・山王祭2011 桟敷組 肩組
山王祭2011 日吉山王研究会  【追補】日吉神社・未の御供
同じカテゴリー(山王祭・日吉大社)の記事
 日吉大社・山王祭2012/松明造り・鈴縄巻き・神輿上げ (2012-02-26 13:00)
 『日吉山王祭』 山口幸次氏が2011年・写真展開催! (2011-04-11 13:18)
 日吉大社・山王祭2011 大松明(鼻松明)造り (2011-03-23 12:34)
 日吉大社・山王祭2011 桟敷組 3月20日 (2011-03-21 18:26)
 日吉大社・山王祭2011 桟敷組 肩組 (2011-03-15 12:52)
 山王祭2011 日吉山王研究会  【追補】日吉神社・未の御供 (2011-03-10 13:29)

Posted by ずんずん  at 22:42 │Comments(0)山王祭・日吉大社

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。